ヨコハマプリンスフラワープロムナード

磯子の崖の上に聳える横浜プリンスホテルの中、2001年11月に出来ました。 「花や水、光りとオブジェが織りなす驚きと不思議の幻想空間」(原文のまま)と謳われていますが、正直なところどういう風に紹介したものか悩ましいところです。 設備から言えば、かなり大規模な温室様の建物が幾棟もあり、それがぐるりと日本庭園を取り囲みます。 また一角に喫茶室があって、その外のバラ園からは海が望めるという具合です。 ここで植物園にあるような温室を想像すると大間違いで、冬でも暖かいだけでそれ以上のものではありません。 それもその筈で、温室様の建物の中に「フラワーチャペル」というのがあり、ここで結婚式を挙げて行き帰りには花に囲まれた小径を歩くのが趣向と思われ、そのためには蒸し暑すぎる空間である筈がないわけです(でも夏は暑かった)。

そんなわけで植物園の温室で見られるような草花を期待するとアテが外れます。 豊富な花を植えようとしているのだとは思われますが、体裁や扱いの良い花を咲かせる草木だけがアレンジされているように感じられます。 また、出来たばかりではありますが屋外の日本庭園とバラ園は貧弱と言わざるを得ません。 良いところは季節外れでもそれなりに花が見られること、営業時間が 8:00〜20:00 と長いところ、一番困ったところは入場料大人 \1000 とやけに高いことでしょうか(朝のシルバータイムや夜のカップルタイムは2人で \1000 などの割り引きがあります)。 最近は磯子駅前のロータリーから道1本入ったところから崖の上までエレベーターが利用できますが、フラワープロムナードへはメインロビーを通り抜けて一旦屋外に出るなど結構な距離があります。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ