根岸競馬場一等馬見所跡

根岸森林公園の一角、幕末に在日外国人の再三の要請により設けられた競馬場の一等馬見所だけが保存されています。 現在根岸森林公園は、根岸米軍施設により、ほぼ二分されていますが、その境目に根岸米軍施設に貼り付くように異様を晒しています。 また車と人の沢山写っている写真は、Friendship Day に根岸米軍施設側から撮ったものです。

日本で最初に洋式競馬の行われたのは元町だとも言われますが、根岸競馬場が日本初の常設競馬場であることは間違いありません。 一等馬見所跡については再三の転用が行われた模様ですが、米軍の接収解除が遅くなったために取り壊しを免れたとも考えられます。 なお鉄塀が巡らされていて、内部の見学は出来ません。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ