シルク博物館

かつて横浜は絹の一大集積地(および積出港)であった時代があり、横浜シルクとしても知られていました。 そんなわけでか、開港広場に面した旧外国人居留地1番地(ジャーディン、マセソン商会)跡地に建つシルクセンターの中に、シルク博物館があります。

暫く休館中でしたが、1999年11月リニューアルオープンしました。 入場料大人 \500 と少々高いような気もしますが、かなり広く美しい展示スペースには、絹に関するあらゆる事柄と、古代から近代に至る日本の装束に関する展示が行われています。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ