横浜市電保存館

市バスの車庫というか操車場のようなところに併設された博物館です。 「市電保存館」行のバスが走っていますので、横浜在住在勤ならば名前だけは見たことのある方は多いでしょう。 最寄りは根岸駅ですが、少々不便なところにありますので車でなければ「市電保存館」または「滝頭」行のバスを利用することになると思います。

歴代の車両をはじめ、停車場・各種看板・装置類などの展示が行われています。 日本の高度成長期初期以前の記憶がある人ならば、ノスタルジーを感じることでしょう。 またその他に相当量の鉄道模型や地下鉄運転のシミュレーター(有料)などもあります。 入場料大人 \200 だけで、市営バスと地下鉄の詳細な路線図が貰えます。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ