白滝不動尊

根岸不動とも呼ばれる白滝不動尊です。 根岸不動下の交差点(不動坂の下)のところから根岸の崖をほぼ登り切ったところにありますが、史跡として維持管理されていないためか朽ち果てた感じになっています。 私が行ったときにも不動下から登る石段は立入禁止になっていました(滝之上の側から入れます)。

根岸(ばかりでなく中区相当の地域全体)が陸の孤島であった時代が偲ばれるところです。 異彩を放つ雰囲気は諸々の理由で(私の腕では)写真におさめ切れませんでした。 足場が悪いなど、観光気分で出かけるには少々危険を感じます。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ