臨港パーク

みなとみらい海沿いに広がる臨海公園で、かなりの広さがあります。 横浜港の一番奥に位置しますが、意外なことに横浜の他の場所よりも水が綺麗なようです。 向かい側はいまだに米軍の接収が解けない瑞穂埠頭です。 また、ベイブリッジをほぼ真横から障害物一切なしに眺められます。 新しい公園ですので知らない人は知りませんが、場所が場所だけに既に有名な公園となっています。 厳密には臨港パークに含まれないかもしれませんが、南側の端には海面に浮いているぷかり桟橋があり、ここからシーバスで横浜駅東口や山下公園へ行くことが出来ます。

反対の北側の方には広い芝生や潮入の池などがありますが、隣接地域が未開発のため現在は北の方からは出入りできません。 そのせいかホームレスも多く、アベックとホームレスが芝生に入り交じっているという状態になります。 最後の写真は神奈川新聞花火大会の時のもので、目前の海上から花火が打ち上げられます。 樹木がもう少し育つともっと良い公園になると思われますが、花火見物のためにはこのままで良いのかも知れません。

関連 →  横浜2000年夏花火

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ