大倉山公園

東急東横線大倉山駅の西側の坂を線路沿いに登る坂が左に折れて、そのままこの道が大倉山公園の中央を突っ切る形になり、両側の山や谷が大倉山公園になっています。 坂道の左側、一番高いあたりに横浜市大倉山記念館が立っています。 大倉山梅林が有名なので梅の季節に行ったのですが、桜の木もかなりあったので、桜花の季節にももう一度出かけました。

坂を少し下ったあたりからの右側の谷が梅林になっていて、谷を囲む斜面が桜で覆われています。 駅から直ぐの公園としては起伏に富み広さもありますので、梅林がすべてというわけではありません。 どうも大倉山というのは、人気の街であると同時に少し駅から離れると鄙びた雰囲気になる所のようで、この公園がそれを象徴しているように思われました。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ