野毛山公園

古くは野毛浦を見渡す景勝の地、豪商の別荘が関東大震災で倒壊した後に和洋の洋式を持つ公園として整備され、米軍の接収にもあうなど、幾多の転変を経た公園です。 歴史的には野毛山公園の中に野毛山遊園地が、更にその中に野毛山動物園があると考えるのが正しいと思われますが、ここでは野毛山遊園地野毛山動物園を除いた部分だけとして捉えることとします。

野毛町から野毛坂を登って野毛山動物園の入り口に至る場合、坂の上の方の右側の小高い一帯が野毛山公園です。 野毛坂沿いには遊歩道があり、野毛山動物園との境の坂道を挟んだ部分にも伸びていますが、幅はそう広くありません。 また必ずしも整備が良いとは言えず、少々半端な感じが否めません。 野毛山動物園手前の一番高い所に佐久間象山顕彰碑が立っています。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ