神奈川近代文学館

港の見える丘公園の南端にあります。 大佛次郎記念館とは別で、その更に奥の霧笛橋を渡ったところです。 谷戸坂通り沿いに独立した入り口もあり、霧笛橋から入って神奈川近代文学館の向こう側の小径を通って谷戸坂通りに抜けてみるのも(そう長くはありませんが)面白いかもしれません。 夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島武郎、武者小路実篤、吉川英治などなど、神奈川県にゆかりのある作家に関する展示が集められています。

神奈川県の文学振興のための施設だそうですが、(私は乱読気味とはいえかなり本を読む方だと思いますが)率直に言って、あまり面白くありません。 展示量はそこそこあり、誰々はどこそこを散策路にしていたのか…という程度の興味は沸きますが、展示対象となる作家に(作品を読むだけに留まらない)特別の関心があるのでなければ楽しむことは出来ないのではないかと思います。 月曜・祝翌日休館、入館料大人 \250。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ