横浜カレーミュージアム

伊勢佐木町の入り口近く、閉店した丸井の後に横浜カレーミュージアムが出来ました。 2001年1月のオープン当初は、伊勢佐木町に100メートル以上も伸びる行列が出来ていたものですが、最近はある程度まで落ち着いた模様です。 とはいえ今現在もなかなかの人気なので、週末や平日でも昼時などは各カレー店の前で並ぶ必要があるかもしれません。 なお1階にはミュージアムへ直行する(昇り専用)エレベーターがあるだけで、ここで内部に入る入場者の数を調整しているようです。 6階以下はパチンコ・スロットマシン・ゲームなどの店で、帰りの際はそれらを横に眺めつつエスカレーターで降りることになります。

誰が考えても新横浜ラーメン博物館を真似た企画だと思うと察せられますが、実際内部はテーマパーク風の装いがされています。 しかし、あくまで私の感想ですが新横浜ラーメン博物館に勝るのは入場無料のところだけです。 館内は大航海時代の船を意識した造りであったり、新横浜ラーメン博物館風のレトロな町並みがあったり、局所的には中国的だったりと支離滅裂です。 従業員の服装もエスニック風あり、セーラー風ありと統一感がなく、各テーマの造りもハリボテ風を隠せないレベル、入場料がないせいかカレーの値段設定にも割高感がありました。 年中無休、11:00〜22:30(ラストオーダー 22:00)、入場無料。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ