ブラフ18番館

関東大震災を免れた建物の部材を利用して山手町45番地に建てられ、カトリック山手教会の司祭館などとして利用された後にイタリア山庭園内へ移築されたものです。

同じくイタリア山庭園内にある外交官の家に較べ採光が行き届き、とても明るい感じを受けます。 増築された形の付属棟では小規模な展示会や講習会が可能です。

戻る(履歴) 横浜中心部徹底散策 トップページ